お金借りるときはどうしますか?

お金借りるということは「借金を作る」ということです。生活の上で必要な物を得るにはお金が必要ですが、その大事なお金がないのでお金借りるということになるのです。
家族間での借金はどうするでしょうか?一つ屋根の下で生活を共にしている場合、生活必需品を買うためにお金が必要という場合はお金を借りるとき借用書をいちいち作る人はいません。レシートで月末やお給料が入ったときに精算ということも可能です。このときの家族間の借金には利息はありません。金額もそれほど大きい物ではなく、家族で使う物と言うことで気持ちの面でも折り合いが付くことでしょう。
家族間であっても大きい金額の場合は、借用書などを作って後々きちんと返済する必要があります。このときに利息が必要かどうかはお金借りるときの交渉次第ということがあるでしょう。
楽天銀行などの外部の金融機関から借金をする場合は、金額に関係なく利息がかかります。このことを考えると、家族間の借金は金額が大きくない限りは許される行為といえるかもしれません。

このブログ記事について

このページは、pjが2013年3月31日 23:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロミスのキャッシングで結婚資金を」です。

次のブログ記事は「鼻下の脱毛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。